期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

防音シートは大きく分けて2種類?防音シートの活用法も教えて。

2020:12:10kyuuonzaizisakubouonsitu 自作防音室

こんにちは、akiraです^^

防音シートの種類を知りたい。
これから自作防音室を作りたいから。
さらに:防音シートの活用法についても教えて。
というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕は約3万円で自作防音室を作成しました。

防音シート2種類

遮音シート

恐らく、おっしゃってる防音シートって遮音シートのことかもしれません。工事現場とかでも使われる防音シートですね。はい。ここで残念なお知らせがあります。遮音シートだけで防音はできません。理由は遮音シートって最終的に音を遮断するものだから。遮音シートの前に吸音材というのをかましてあげることで遮音シートの防音性能はバク上がりします。というか、吸音材→遮音シートの順番が正しいようです。今回、3万円の自作防音室を作る際に防音について色々と調べまくりました。そうするとどのサイトであろうが、動画であろうが必ず吸音材→遮音シートのことは言ってました。ということで、恐らく防音シートってのは遮音シートのことで、しかし、遮音シートだけじゃあんま意味ないですよ〜という話でした。

これです。

吸音材

遮音シートの手前に来るのが吸音材です。先ほどご説明した通りで順番は吸音材→遮音シートです。こいつが手前にあることで、名前の通り音を吸収してくれます。で、最後のとどめとして遮音シートが振動を少なくしてくれるという原理です。で、吸音材といえば一般的にはでこぼこしたスポンジみたいなやつですね。

僕も吸音材をAmazonで買って、壁に貼りまくってた時期がありました。ちなみに、賃貸だと両面テープで吸音材をいくと100壁紙剥がれるので、ちゃんと先にマスキングテープしましょう。これも今回自作防音室を作る過程で仕入れた情報です。音楽スタジオ行ったことある人はわかると思いますが、吸音材が壁一面に貼られてて「かっけ〜」ってなりません?w僕はその環境を雰囲気だけでも味わいたくて自作防音室を作りました。結果、満足度200%です。防音性能がどこまであるのか謎ですが、雰囲気だけならミラクルひかる並のクオリティです。ちなみに、僕が使ってる吸音材は、吸音シートと言って、粘着剤が最初からついてます。早い話シールです。遮音シートの上に吸音材を貼り付けるのですが、もしセメダインXGとかで吸音材を全部貼ってたら一体何本必要なん??ってなります。僕が買った吸音シートは最初からノリがついてたので遮音シートの上からそのままペタペタ貼ることができました。最高です。簡単です。神です。僕が買った吸音シートは現在品切れ中のため、違う吸音シートを貼っときます。

吸音シート

吸音シートのことをさっき語りすぎたんで、章を分けるか迷ったんですが、追記すると吸音材って密度ってのがあるみたいです。僕が買った吸音シートは密度が高めのやつでした。もし吸音シートじゃなくて吸音材(スポンジの四角いやつ)をお探しならタンスのげんの吸音材がおすすめです。

理由はタンスのげんの吸音材は密度が他のより高いです。つまりつまってるってことです。僕が以前Amazonで買った吸音材はスッカスカでハッキリ言って使えませんでした。なので切り刻んで掃除用にしちゃいましたw同じ吸音材でしょ?って思うかもですが、ハッキリ言って密度で全然違ってくるのでそこはご注意くださいませ。

こっちが吸音シート。

こっちが吸音材です。

防音シートの活用法

自作防音室

防音シートのことをご理解いただいたところで、やっぱ一番おすすめは自作防音室作りですね。記事
ただし、スペースの問題やいうて3万はかかるので予算の問題もあるのでスペースもあって予算も作る気力もあるよって方はぜひ挑戦してみてください。遮音シートと吸音シートに関しては重いしデカいのでAmazonで注文して筋肉もりもりの配達員さんに代わりに運んでもらいましょう。もし木枠の木材もネットで探せるようでしたら、防音シート類と同様、配達してもらったほうが確実におすすめです。僕はネットで探しきれなかったってのとアフォなんでコーナンで軽トラ借りて全力で木を一人で搬入しました。詳しくは(記事)で語ってます。

【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説

賃貸の壁

防音シートは賃貸の壁にも貼れないことはないと思います。ただし、両面テープをそのまま行くと、完全に壁紙が逝きます。なのでマスキングしてくださいね。なんか、貼って剥がせる系の両面テープとかもAmazonであるみたいです。

 僕は買おうか迷いましたが、自作防音室を作れば壁とかネジで穴あけ放題なので買いませんでした。室内の防音対策は?というと百均の隙間テープを窓枠に埋めたり、余った吸音材を窓に貼ったくらいです。遮音シート+吸音シートのゲキオモの防音シートを作って、マスキングしたあと賃貸の壁紙に貼ってみましたが、あまりの重さに数時間しかくっついてませんでした。勇気のある人は賃貸の壁に防音シートをどうぞ。効果あったらこっそり教えてください。

室内ドア

防音対策でまぁまぁ重要なのが“隙間”です。ワンルームなら関係ないですが、もしキッチンと生活スペースを区切るようなドアが室内にあったりするとそこを百均でもなんでもいいので隙間テープで埋めましょう。もちろん、隙間の大きさと相談してくださいね。あまりに分厚い隙間テープだと防音したいのに、逆にドアが閉まらないという謎が起こります。僕は百均の隙間テープで隙間とさよならしたんですが、副産物として空調の効きがやたら良くなりました。真冬でも隙間テープのおかげかそこまで凍えることは無くなりました。マンションって機密性高いから隙間テープなんていらんっしょ。とか思ってましたが、いざ隙間を塞いでみるとあ、意外と隙間ってあるんだなぁって考えさせられましたね。ってことで防音シートの話ではないですが、隙間テープもよかったら活用してくださいませ。

以上、防音シートは大きく分けて2種類?防音シートについて教えて。というご質問に回答したような記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました