期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

【厳選】アコースティックギターのおすすめメーカー3選と選び方

Martin アコースティックギター Little Martin Series LX1 Natural アコースティックギター

こんにちは、akiraです^^

アコースティックギターのおすすめメーカーを知りたい。
アコースティックギターを買おうか迷ってるけどどのメーカーが良いかわかりません。
厳選されたメーカーを知りたい。
アコースティックギターのメーカーの選び方についても教えて。
というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕はアコースティックギター歴15年以上でUdemy講師としてアコースティックギターの初心者さん向けコースを受け持ってます。

楽譜が読めなくても大丈夫。初心者向けアコースティックギター講座

アコースティックギターのおすすめメーカー3選

この記事はアコースティックギター歴15年以上の僕が、実際に過去に購入したことのあるアコースティックギターを語ってます。

Martin(マーチン)


アコースティックギターのおすすめメーカーで個人的に一番お勧めなのはマーチンです。一般的にGibson(ギブソン)とよく比較されるんですが、僕の中で車のメーカーでいうところのベンツかBMWかって感じの位置付けです。車のことはよくわかりませんが、ギブソンのアコースティックギターの音色はドンシャリ系と言って、ハイとローがしっかりしてます。なのでガンガンかき鳴らす系の弾きかたりアーティストが好きなメーカーだったりします。ギブソンに比べてマーチンは指弾きやフレーズを弾く際の繊細な音にも対応してくれる印象です。もちろん、ギブソンがダメでマーチンが良いというわけでなく、それぞれ良いところがあって最終的には好みの問題になってしまいます。僕は実際にいろんなアコースティックギターのメーカーを弾いてきた中で、総合的に見てマーチンがとてもバランスが取れたアコースティックギターを作ってるメーカーだなぁと思います。僕は現在マーチンが出してるリトルマーチンというアコースティックギターを愛用してるのですが、このギターはエレアコと言って最初からピックアップがついてます。なので極端な話、リトルマーチンを入手したその日からライブや配信が可能です。持ち運びも便利で音のパワーも最強ですね。あのエドシーランさんも愛用してるモデルで、ジャパンツアーの際、日本武道館でこのリトルマーチン1本でライブやっちゃうほどのパワーのある音色のギターです。マーチンはアコースティックギターのメーカーとしてもお勧めですが、マーチンのリトルマーチンは最強にお勧めできます。

k.yairi(ケーヤイリ)

こんな高かったかな?wお値段上がってるかもです。

続いて、yairiさんのご紹介です。yairiさんはs.yairiとk.yairiの2つあるんですが僕が買ったことがあるのはk.yairiさんのアコースティックギターです。yairiさんはあの沖縄アーティストBEGINさんとコラボして一期一会というアコースティックギター初心者が指一本でギターを演奏できるというバケモノコンセプトを実現した会社さんでもあります。当時僕の買ったk.yairiさんのアコースティックギターは秋色のなんとも言えない哀愁漂う色合いのアコースティックギターを買いました。高校生にしてk.yairiってなかなか渋いとこ行ったなぁって今思うと思いますが、当時は音色とデザインで決めました。k.yairiさんの音色の特徴はなんと言っても中音域が美しいです。指弾き(アルペジオ演奏)をしたときに最強のパワーが出ます。パワーといっても別に音が大きいわけじゃなく、超絶バランスの良い爪弾くサウンドがたまりません。残念ながら引越しなどの兼ね合いでk.yairiさんのアコースティックギターを手放したのですが、なかなかに良いアコースティックギターでしたよ。

ZEMAITIS(ゼマイティス)


k.yairiさんの次に購入したのはZEMAITISのアコースティックギターでした。もともとギラギラ系のガッツリエレキギターブランドで、BOØWYの布袋さんも愛用してるブランドです。ZEMAITISのアコースティックギターは、インパクト大のサウンドホールがハート型のアコースティックギターです。女の子にめっちゃ人気で、音色もなかなか良いです。こちらのZEMAITISのアコースティックギターもリトルマーチン同様、最初からピックアップが内蔵されてるエレアコタイプのアコースティックギターです。音色の特徴としてはアルペジオもストロークもどちらもパワフルです。それもそのはず。ボディのサイズが一般的なアコースティックギターより少し大きいんです。大きいということはそれだけ音の広がりも違います。直近の音楽ユニットのレコーディングの際はZEMAITISのアコースティックギターを使用しましたが、音のパンチがあります。ただね、、でかいということはそれだけ重たいんすm(._.)mコロナ前までは毎日のようにライブをやってたので、持ち運びのことを考えるとZEMAITISのアコースティックギターはあまりお勧めできません。。ただ、アコースティックギターのメーカーとしてはかなり良いメーカーさんですよ。

アコースティックギターのメーカーの選び方

いろんなアコースティックギターのメーカーを使ってみてたどり着いた判断です。

アコースティックギターってやっぱり一番大切なのはいうまでもなく音ですよね。木の素材を最大限に生かして演奏されるアコースティックギターはやはり音色が命です。しかし、エレアコの場合、実際にアンプに繋いでみてアンプから出る音も同時に確認しておきたいところですね。僕はZEMAITISのアコースティックギターを買った時も、リトルマーチンを買った時も、楽器屋さんに行って、アコースティックギターをアンプに繋いで試奏させてもらいました。エレアコを買う場合は生音とアンプから出る音の2つを購入判断にしましょう。ピックアップが付いてないアコースティックギターは判断基準は生音オンリーです。アコースティックギターはネットでも買えますが、楽器屋さんに行ってどんな音なのか、自分に合うのかを確かめましょう。ギターを持って帰るのが大変な場合、楽器屋さんで試奏→後にAmazonで購入→玄関先にアコースティックギターが届く。という流れもいいですね。関係ないですが、僕が服を買うときはウインドウショッピングなら、まず一流ブランドのお店を見る→買わずにユニクロなどで似てるデザインを見る→後にAmazonで購入→玄関先に服が届く。これが今のところ最強買い物パティーンです。リアル店舗での買い物も楽しいですが、最近買い物袋代取られるし、帰り荷物になるので、それならリアル店舗は展示会場→実際の購入はネット→玄関先で受け取りの流れが良いかもです。話はそれましたが、アコースティックギターを買う際はやっぱりまずはご自身の耳で、体でそのギターの音を体感しましょう。そこからネットで買うのはありです。

デザイン

アコースティックギターのメーカーの選び方二つ目はデザインです。何を隠そう、これまでいろんなアコースティックギターのメーカーを使ってきましたが、僕の購入判断って結構な割合でデザインだったりしました。もちろん、アコースティックギターなんで音が良いことは大前提です。でも音が良くてデザインが気に入らないのは、練習やライブのテンションが全然下がります。それより音もデザインも気に入ったアコースティックギターを買いましょう。僕がZEMAITISを買ったのはハート型のサウンドホールだったからです。僕がk.yairiのアコースティックギターを買ったのは秋色が綺麗だったからです。僕がマーチンのリトルマーチンを買ったのは可愛かったからです。

用途

最後にアコースティックギターのメーカーの選び方で用途も判断材料としては必要です。僕がデザイン重視で買ったk.yairiのアコースティックギターにはピックアップがついてませんでした。なので後付けでピックアップをつけたんですが、合計10万円ほどしました。それなら、最初からピックアップ内蔵のエレアコタイプのリトルマーチンがお勧めです。めっちゃアコースティックギターの生音にこだわる山崎まさよしさん系のアーティストさんでもない限り、一般的にはアコースティックギターをアンプに繋いでライブで演奏します。そうなると最初からライブや配信ありきで設計されてるリトルマーチンのようなエレアコがお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました