期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

自作防音室を作る際に必要な材料とは?約3万円の自作防音室とは?

ダイケン遮音材 自作防音室

こんにちは、akiraです^^

 

自作防音室を作る際に必要な材料を知りたい。
コロナで外に行く機会が随分と減って、家時間がとても大切になってきたから。
でも、趣味の音楽や友達との電話を気兼ねなくしたいし…
自作防音室の材料の購入方法についても教えて。

というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕は自作防音室を約3万円で制作しました。

【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説

自作防音室を作る際に必要な材料

自作防音室を約3万円で作る材料たちです。

自作防音室の要は木です。もっと言えば、木さえ作れたらあとは色々貼ったり、切ったりする作業になります。木枠を作って、その内部に遮音シート→吸音材の順番で材料たちを切ったり貼ったりします。本来であれば設計図通りにぴったりなるように作るんでしょうが、なんせ格安防音室で自作なので僕は木をネジでむりくり止める作戦を遂行しました。

防音対策グッズ

自作防音室を作る際の防音対策グッズで遮音シートがあります。工事現場とかでも使われてるアレです。遮音シートだけだと防音性能はないですが、吸音材とセットにしてあげることでその性能は一気に増します。

最強のりも一応ご紹介。

吸音材は遮音シートの上に貼るやつです。なんでセットになってないんかな?って思うくらいセットでいろんなとこで語られてます。セットになってる商品もあるっちゃあるんですが、高いです。バラバラでOK。あとは遮音シートと吸音材をくっつけましょう。のりとかでつけてもいいですが、おすすめは吸音シートというシールタイプになってる吸音材です。これなら貼るだけでOK。

こっちが吸音シートです。

こっちが吸音材です。

用途に合わせてご購入ください。

作り方手順

こちらの記事に完全にまとめました。【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説

自作防音室の材料の購入方法

通販(Amazon)

通販は神ですね。というか物流ってほんと感謝でしかない。自作防音室の材料なんて大抵重たいかでかいのでwほんと通販に助けられました。重たいしデカい自作防音室の材料はAmazonとか通販で注文しましょう。もちろん、全部が全部見ずに購入はおすすめしません。

 

しっかりと目で見て「これ、運ぶのむりゲーだな」と判断されたらささっと通販で注文しましょう。良い時代です。

ホームセンター

とは言え、通販だけじゃサイズ感とか手触りがわからないです。なので既製品とかは通販で、触ったり目で確かめたいものはホームセンターで。という感じでうまく使い分けるのが良いと思います。

 

ちなみに、僕が利用させてもらったコーナンさんは軽トラ90分無料サービスっていうこれまたスーパーありがたいサービスをされてるので、それで購入した自作防音室の材料をマンションまで運搬しました。

メルカリ(ヤフオク)

自作防音室の材料は別に新品である必要性はないです。というのも、メルカリやヤフオク、ジモティなど、中古市場にも自作防音室の材料は転がってます。出品者さんの都合で自作防音室の材料のあるなしはタイミングですが、あったらラッキーです。

 

仮に僕がこのマンションを引っ越す際には作った自作防音室は一旦解体しなきゃいけません。その時に出た自作防音室の廃材を捨てるのもアリですが、バラバラでメルカリやヤフオクに出品することも可能です。もちろん自作防音室の材料の廃材だけが出品されてるのではなく、工事現場で捨てるはずだった廃材とか、色々です。

 

 

もし知り合いに建築関係や現場の兄ちゃんがいたりすると遮音シートとかは無料か格安でゲットできるかもです。自作防音室の材料に使えるものは全部使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました