期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

【手順】Udemyとは?Udemy講師になる方法と使用機材を紹介

Udemy Udemy

こんにちは、akiraです^^

オンラインでコースを作って稼げると話題のUdemy講師になる方法を知りたい
最近、Udemyを耳にする機会が増えたし、周りでもUdemy講師デビューした人がいるから。
そもそもUdemyとは何かについても教えて。
というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕はUdemy講師です。
こちらがUdemyの僕のアコースティックギターコースです。
楽譜が読めなくても大丈夫。初心者向けアコースティックギター講座

Udemy講師になる方法

はっきり言って、審査はまぁ厳しいです。。



僕はこの方法でUdemy講師デビューできました!

Udemyの審査で大切なこと

Udemyではとにかく、音のクオリティが大事です。Udemyは厳しい独自の審査基準があります。その中で音はかなり重要視されます。僕も何度もフィードバックが返ってきてしまい、本当にUdemy講師としてデビューできるのか不安になりました。内心「そ、そない厳しせんでも…」と心折れそうにもなりました。。しかし、音の問題をクリアしてからはUdemyの審査に通りやすく、晴れてコースを公開することができました。僕がUdemy講師デビューできたのは、音へのこだわりと、最低限の動画編集を覚えたからです。その際に使った機材はMacBook+コンデンサマイク+照明のみです。この3点セットで、Udemy講師デビューできることがわかりました。

MacBook最新版

コンデンサマイク

マイクスタンド+ポップガードセット

スマホ照明(ライブ配信でも使えます。)

ちなみに、コースを収録したのは僕のブログでよく出てくる自作防音室です。

自作防音室の記事
【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説

動画・ノイズ編集

続いて、Udemyで講師デビューするためには、最低限の動画編集とノイズ編集が出来ないと無理です。通常、動画編集ソフトやノイズ除去ができる音楽ソフトが必要です。しかし、Udemy講師としてできるだけ安くデビューしたかったので、僕はMacBook+コンデンサマイク+照明のみで乗り切りました。MacBookを買ったら標準装備されている「imovie」は動画編集ソフトなんですがこのソフト、神ってます。というのも動画編集だけでなく、ノイズ除去まで無料で付いてくるんです。通常、ノイズ除去できる音楽ソフトを別で購入する必要がありますが、僕は全部imovieで完結しました。他にも不要な間を切り取るトリミングの機能や、画質を変えられるフィルター機能までimovieは全部揃ってます。後は、コンデンサマイクと照明を仕入れたら晴れてUdemy講師としてデビューするためにUdemyの審査に通してみましょう。

Udemyのコースをどうやって宣伝するの?

Udemyの審査に受かり、やっとコースが公開された!・・・でも全く売れない。という現象が起こります。なぜなら、YouTubeなどと同じようにアップロードしただけでは再生回数がなかなか伸びません。なので、再生回数や受講者数を伸ばすためには戦略が必要です。僕は一番地味な方法でSNSとブログで徐々に攻めてます。本来であればお金を払って広告を出せば受講者数は増えます。しかし、できるだけ無料でUdemyのコースを広めてみたいので、あえて広告は今のところ使ってません。将来的には使う可能性もあります。

コンデンサマイク

マイクスタンド+ポップガードセット

スマホ照明(ライブ配信でも使えます。)

Udemyとは何か

Udemyは優良な動画コンテンツで様々なコースがあります。きっとあなたの学習欲を満たしてくれます。

Udemyとは



日本のマーケティングはあのBenesseが担当している動画教育媒体の最大手です。Udemyは「いつでも、どこでも| どんなデバイスからでも自分のペースで学ぼう」がコンセプトで、10万コースの中から、いろんな言語で専門家がコーチがいろんなジャンルについて格安の価格で教えてくれます。Udemyの良いところは一定の高品質な情報を自分のペースで学べるというところです。どこかのスクールに通わなければ習えないのは今の時代ではないです。今はオンラインスクールが当たり前の時代です。特にコロナの影響で在宅の時間が増えたので、今の間にUdemyを使ってスキルアップを目指す人もたくさんいます。ライバルたちがコロナ太りで苦しんでる今だからこそ、あなたはスマートにUdemyで上質なコースをゲットして、学びましょう。

YouTubeとどう違う?

UdemyはYouTubeと違って、Udemy独自の厳しい審査があります。講師はUdemyからフィードバックを得て、より良いコースを作ります。じゃないと審査にすら通りません。一方YouTubeって言ってしまえば誰でもチャンネルは持てます。動画も誰でも投稿できます。なので、内容、クオリティなどがバラバラです。もちろん「こんな内容無料で見ていいの?」というくらいの高品質な動画もたくさんあります。しかしスマホ1台で動画投稿できる手軽さから、動画のクオリティ格差はどんどん広がっています。Udemyは先ほど述べた通り、独自の厳しい審査基準があります。それをクリアした動画コンテンツが公開されているので、どのコースも学びがいがあります。

僕のUdemyコース

楽譜が読めなくても大丈夫。初心者向けアコースティックギター講座

手前味噌ですが、僕のコースもUdemyで公開されてます。Udemy講師やってます。コース名は「楽譜が読めなくても大丈夫。初心者向けアコースティックギター講座」です。名前の通りのコースなんですが、僕自身楽譜が読めなくてもアコースティックギターを15年以上やってます。一時期は音楽中心の生活を送っていた時期もありました。アコースティックギターってめっちゃ楽しいんですよ。難しい楽譜を読めなくても、ギターのコードというものと弾き方をちょっと覚えるだけであなたもすぐにシンガーソングライター(歌ってギター弾く人)になれます。

 

僕はもっとたくさんの人がアコースティックギターの楽しさに気軽に触れて、人生が豊かになるお手伝いができればと思い、このコースをUdemyで作りました。初心者だった頃の僕に向けて作った内容です。特にFコードの克服法は、かなりマニアックな内容ですが需要はかなりあるはずです。アコースティックギター初心者さん向けに色々と詰め込んだ結果、セクションが30個になりましたwでも、Udemyはリアルのスクールとは違い、自分のペースでいつでもどこでも学ぶことが可能です。僕は一時期、某音楽スクールでアコースティックギター講師として勤務してましたが、そのころは生徒さんとなかなかスケジュールが合わず、ひどい時は講師のスケジュールに生徒さんが合わせないといけないという現象が起きました。

 

するとどうなるか?生徒さんはせっかくアコースティックギターを練習したいのに、講師とのスケジュールが合わないせいで、アコースティックギターの練習ができないという現象が起きます。なんの初心者の時もそうですが、最初は基礎を反復練習しないと身につきません。なのに講師のスケジュールに合わせてもらうばかりに、練習の方法がわからなかったり、モチベがさがる人もいます。

 

その点、Udemyって自由に学べて、尚且つ生徒さんがやる気になる工夫がちりばめられています。あなたもアコースティックギターのコースを探してるなら、一度「楽譜が読めなくても大丈夫。初心者向けアコースティックギター講座」をご覧になってみてください。

楽譜が読めなくても大丈夫。初心者向けアコースティックギター講座



コメント

タイトルとURLをコピーしました