期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

アコースティックギターの弾き方の種類を3パターン解説と練習方法

アコースティックギターの弾き方の種類 Udemy

こんにちは、akiraです^^

アコースティックギターの弾き方の種類を知りたい。
アコースティックギターを練習してるけど、なんかワンパターンだし
他にもいい感じの弾き方を知りたい。
初心者向けのアコースティックギターの練習方法もついでに教えて。
というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕はアコースティックギター歴15年以上でギターUdemyで講師もやってます。
【手順】Udemyとは?Udemy講師になる方法と使用機材を紹介

アコースティックギターの弾き方の種類について3パターン解説

アコースティックギターの弾き方の種類

ストローク

ストロークとは、ジャカジャカかき鳴らす系の弾き方です。ゆずさんとかコブクロさんとかっていうとイメージしやすいかもです。エレキギターもアコースティックギターでもストロークは基本演奏スタイルです。路上ライブミュージシャンはストローク系が多いですね。ストロークがよく使われる理由は、大きい歌声にも負けないパワフルな演奏が可能だからです。

アルペジオ

アコースティックギターの弾き方でバラード系にはアルペジオがぴったりです。アルペジオとは指やピックで優しく爪弾く弾き方です。あいみょんさんとかもアルペジオ使いますよね。ゆずさんも激し目の曲が多いですが、意外とアルペジオの曲もあります。アコースティックギター以外にも、エレキギターでもアルペジオは映えます。ただし、路上ライブのような外で生音演奏だとしょぼく聞こえてしまうこともあります。ギターアンプ繋いだりスピーカーから音出してたら全然アルペジオでOK。Aメロ、Bメロあたりをアルペジオにして、サビでストロークなんて使い分けもできるといいですね♪

っちゃっ

アコースティックギターの弾き方で、曲が一気にオシャレになるのは「っちゃっ」ってやつです。コレ、なんて奏法か謎なんですが、この弾き方だけでかなり曲の雰囲気がかわります。例えば、瑛人さんの香水なんて、ずっと、っちゃっやってます。弾き方としては、手を猫の手にして爪を弦に当てます。ベースと高音をうまく弾くことでかっこいい雰囲気になります。香水がっちゃっ系で最初から最後まで行っていいんだ。という証明をしてくれました。

【初心者向け】アコースティックギターの練習方法

Udemy

まずコードを覚える

まずはギターのコードを覚えましょう。コードは楽譜が読めなくてもカタチさえ覚えたら誰でもギターやピアノが弾けてしまう魔法のような存在です。僕はこのコードを覚えて、楽器を練習することで音楽を仕事にしてきました。今はコロナもあり演奏の仕事は自粛してますが、最近はUdemyでアコースティックギターのコードにフォーカスした講座も作成しました。よければ見てみてくださいね。

僕のUdemyの講座説明記事はこちら。
【手順】Udemyとは?Udemy講師になる方法と使用機材を紹介

カンタンな曲から練習

アコースティックギターの弾き方はたくさんの種類があります。アルペジオやストローク以外にもっちゃってやるやつとか←語彙力w
ミュート奏法とかあります。ただ、一気に全部覚えるよりか、一つずつ練習しましょう。おすすめはストロークから練習→アルペジオというのがよいかと思います。

Udemy

最後にアコースティックギターの弾き方も講座に含んだ僕のアコースティックギター初心者向け講座もおすすめです。やはりアコースティックギターの弾き方を見様見真似でやるのは難しいという人もあるでしょう。そんな時はコードの押さえ方などを細かく解説してくれてるような初心者向けのアコースティックギター講座を受講されることをおすすめします。僕のUdemyのコースでは、アコースティックギター初心者さんがつまずきやすいFコードの克服方法も時間をかけていくつかの章に分けて解説しております。アコースティックギターに挑戦したけど、Fコードで挫折してしまった。という人にもおすすめの講座です。これからアコースティックギターに挑戦しようとしてるあなたにもおすすめです。よかったらご覧くださいませ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました