期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

【ミックスボイス】実は存在しなかった?明確な定義が曖昧だった!?

mixed-voice-does-not-exist ボイトレ

こんにちは、akiraです^^

ミックスボイスは存在するのか?知りたい。
ミックスボイスを出したいけど、色々調べると迷宮入りしている。
ミックスボイスって結局どうやって練習するの?
というお悩みに答えます。

 

この記事を書いている僕はミックスボイス習得のためにいろんなものに金使ってきましたw(でもミックスボイスまだ習得できてません;)
ですが、僕の持ってるミックスボイスの知識がお役に立てば幸いでございます。

ミックスボイスは存在しないについて


ミックスボイスって・・・なんですのん?

ミックスボイスは存在するのか

ミックスボイスが存在するかしないかは捉え方の問題です。UFOがいるかいないかくらい明確な定義が曖昧です。と言うのも、そもそも声と言う目に見えないものに無理やり定義をつくってますんで、ムズイのはしゃーないです。ただ、ボイストレーナーやボイストレーニング教会によっては明確に「ここからがミックスボイス」と言ってるとこもあります。が、恐らくこの文字を読んでくれているあなたも、僕も含めて大事なのってどの音域からがミックスボイスなのか?と言うより、実際にミックスボイスと言われてる歌手が出してるあの声を出してみたい。と言うところだと思います。

 

僕の認識では、ミックスボイスって言う声、と言うよりかミックスボイスという練習法って感じのイメージが強いです。実際にミックスボイスを出すための練習法って世の中に溢れすぎてて混乱しかないです。なので、あの歌手みたいないい感じの声を出したい。そのためにミックスボイスとやらを練習した方が良さげ。くらいで思っていただけると楽だと思います。ということで、ミックスボイスの明確な定義を求めなくても、要はいい声出せたら勝ちじゃね?という感じです。

ミックスボイスは幅広すぎる

そもそもミックスボイスってどれ?って言われると謎です。でも、あの声ってミックスボイスっぽいってのはありますよね。例えば、天然ミックスボイスはオリラジの藤森さんとか、安田大サーカスのクロちゃんとか。喋り声がもうミックスボイスです。当然、彼らは歌声も高音まで出ます。というか日頃から高音ですwでも、日頃、普通の高さなのに歌ったらなんでそない高いん?って人もいっぱいいますよね。でも高音を超楽そうに出しやがって…そういう人はミックスボイスを巧みに使ってる人です。ただ、我々素人にそんな喋り声とミックスボイスを使い分ける技術は普通ないはずです。

 

だからミックスボイス習得にはボイトレが必須なんですが、ミックスボイスって幅広すぎます。裏声と地声を混ぜた声とか言われるし、高音を楽に出せる声とも言われてます。硬いミックスボイス、柔らかいミックスボイス…ん〜、もう、なんやねんwってなります。ここはさっきのミックスボイスは存在するのかと一緒で、捉え方の問題の可能性大です。

勝手に出てたが正解じゃないか説

そもそも論ばっかで申し訳ないんですが、ミックスボイスって昔から言われてたわけじゃないっぽいです。でも、めっさ古い歌手さんもミックスボイスっぽい声は出してます。ジャズとかのシンガーさんや、ヴォサノヴァ系のシンガーさんもミックスボイスっぽい人多いですよね。そんな昔から「この音域はミックスボイスで歌おう」なんて考えてなかったはずですし、その当時は確かに存在すらしてなかったはずです。というか、勝手にミックスボイスが出てた。って感覚だと思います。

 

さっきご紹介したオリラジの藤森さんとか、安田大サーカスのクロちゃんみたいに、歌ってたら自然とミックスボイスっぽい声で歌ってたという歌手さんはたくさんいるみたいです。

 

 

とはいえ、これじゃあ答えになってないので、ミックスボイスが存在するのかしないのかというとするということにしときましょうよ。で、ミックスボイスは音域というよりか、声質とかの方が近い感じで、そのミックスボイスとやらを出すためのトレーニングが存在すると言った感じでまとめておきます。あくまでも僕らのゴールはあの歌手みたいないい感じの声を出したい。そのためにミックスボイスとやらを練習した方が良さげ。って感じだと僕は認識してます。

ミックスボイスって結局どうやって練習するの?

mixVoice裏声

裏声ベース

ミックスボイスって研究すればするほど厄介な存在です。だって、いろんな説がありすぎますもの。しかし、ミックスボイスは裏声と地声が混ざった声とするならば、僕の認識ではミックスボイスは裏声ベースです。地声はどこまでも地声だと思います。もちろん裏声もどこまでも裏声です。しかし、ミックスボイスって裏声で上下できることが大前提のようなので、ということは裏声が巧みに使えないとミックスボイスは出しにくいってことになりますね。

 

ただし、裏声の強化版がミックスボイスってわけでもないです。それだったらソプラノ歌手とか全員ミックスボイスですもん。しかし、ソプラノ歌手さんって超美しい裏声です。男性で言うともののけ姫の米良さんとかってミックスボイスというより完全に裏声ですよね。しかし、よくわかんないのがヒゲダンの藤原さんとか、キングヌーの井口さんらへんの声です。

 

裏声かな?って思ったら、もっと裏声みたいなんでてきた。ってこと楽曲聞いててよくあります。でも、ヘロヘロの裏声ってわけでもない。もちろん地声でもなさそう。そんな感じのミックスボイスが最近はやってますよね。アレを出すには、地声の練習ばっかやってても絶対無理ゲーなのは小さなお子様でもわかる事実。なら、裏声ベースで練習した方が良さそう。というのが僕の現在の行き着いた感じです。

小さい裏声で

じゃあ、実際にミックスボイスをどうやって練習すればいいの?ってことで、僕がこれまでミックスボイスについて研究したり、実際にボイトレに通ってみた統計結果によると、ほとんどのボイトレ教室で、最初にミックスボイスを出すためには小さい裏声で歌いましょう。って言われます。理由はおそらく小さい裏声で歌うと、適度な声紋閉鎖が感じられるからだと思われます。

 

実際に、僕も小さい裏声で歌ってみると「もしや」という感覚を得られたことがありました。あ、あと小さい裏声出しつつ、声を当てる場所を上顎の硬い部分あたりを意識するとよりいい感じになります。

鼻腔共鳴

小さい裏声でミックスボイスの感覚を掴んだら、いよいよ増幅の作業です。音量を上げる感じですね。あ、ここで声の出る仕組みをちょっと車の部品でなんとなく解説すると、まず息がエンジンです。これがないと声は出ません。そのエンジンがマフラー(喉)を通るんですが、その前に2本のタービン(声帯)が待ってます。しかし、タービンを通っただけではか弱いエンジン音しか出ません。そこでボディ(身体や顔)も響かせる必要があります。という感じで逆に分かりづらいかもですがw

 

要は息→声帯→身体とか顔で響かせるってイメージです。

 

で、顔にはいろんな穴が空いてます。例えば、鼻の鼻腔ってありますよね。蓄膿とかなったら死ねるあのポイントです。もしくは花粉症の時期に一生鼻水を生成するあの穴です。というと悪者みたいですが、歌う上では鼻腔ってめっちゃ重要です。で、鼻腔に響かせる行為を鼻腔共鳴って言ったりします。鼻腔共鳴が強くなると、声量がアップします。

 

鼻腔共鳴が強い歌手って、例えば久保田利伸さんとかSuperflyとかですかね。MISIAはどちらかというと喉とかチェスト(胸)あたりの共鳴が強い感じです。って要はどこ響かせてもいいんですが、響かせたいポイントを意識しながらボイトレしたり歌ったりできることが大切です。共鳴腔の一つに鼻腔共鳴ってのがあるよって感じですね。

 

あ、森山直太郎さんとか良子さんとかかなり鼻腔共鳴強めです。こんな感じで鼻腔共鳴強めの歌手って誰だろう?とか自分で探す癖をつけられると耳が鍛わりますんでおすすめです。あ、趣旨が若干それましたが、ミックスボイスが存在するかどうかはどうでもよくて、いろんな声があって、いわゆるミックスボイスっぽい声ってのは確かにある。で、その声を出すためにミックスボイスのトレーニングをしよう。ってのが今日の内容でした。

 

 

結果、まとまりの無い文章をお届けしてすみません。wなんかが参考になれば幸いです。

あと、ミックスボイスが裏声っぽくなる人はこちらの記事も参考にしてみてください。

 

>>【ボイトレ】ミックスボイスが裏声っぽくなってしまう理由

 

PS
ミックスボイスの練習場所に困ってるなら、自作防音室を作ってみてはいかがでしょうか?自宅で気兼ねなくボイトレができる環境作りって超大切だと個人的には思います。だって、ミックスボイスやアコースティックギターの上達って一夜漬けでどうにかなるようなもんでもないので。繰り返し練習が大切すぎます。僕は自作防音室を約3万円で仕上げました。もし気になっていただけたらこちらの記事をご覧ください。

【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説

PPS
アコースティックギター歴が15年を超えてきたので、いよいよUdemyで講師デビューしました。アコースティックギター初心者さん向けの講座となってますので、よかったらこちらの記事も参考にされてくださいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました