期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

アコースティックギターコード初心者の基礎知識と練習方法を知りたい

アコースティックギター 17点セット アコースティックギター

こんにちは、akiraです^^

アコースティックギターコード初心者の基礎知識を知りたい
楽器にチャレンジしたいけどアコースティックギターってなんだか難しそう。
アコースティックギターコード初心者練習方法も教えて。
というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕はアコースティックギター歴15年以上でギターUdemyで講師もやってます。
【手順】Udemyとは?Udemy講師になる方法と使用機材を紹介

アコースティックギターコード初心者基礎知識

Martin アコースティックギター Little Martin Series LX1 Natural
アコースティックギターについての基礎知識です。

アコースティックギターとコードとは

アコースティックギター、またはアコギと言われるギターはギターだけで演奏したり弾き語りというギターと歌を同時に演奏したりする楽器です。またバンドでも演奏されたりJ-POP、演歌、JAZZ、ヴォサノブァ…ジャンル問わずいろんなシーンで活躍します。また、作詞作曲もアコースティックギターで気軽にすることが可能です。シンガーソングライターと呼ばれるアコースティックギターを弾いて歌うスタイルのアーティストは昔からたくさんいますね。

邦楽(JPOP)では80年代にフォークソングというアコースティックギターの弾き語り系の歌手が流行りました。例えば谷村新司さんのアリスや小田和正さんのオフコースなんかもフォークソング世代だったりします。アコースティックギターはコードを覚えるだけで楽譜が読めなくても誰でも演奏できます。なので、楽器初心者さんもお手軽に始めやすい楽器の一つです。ギターを始めるにあたってよくある疑問にアコギ(アコースティックギター)とエレキ(エレキギター)ってどう違うの?というのがあります。

ちなみにアコースティックギターのコードもエレキギターのコードも同じです。
アコギとエレキギターとの違いについては次で解説します。

 

>>【厳選】アコースティックギターのおすすめメーカー3選と選び方

 

アコギとエレキギターとの違い

アコースティックギターは、素材が木でできており、木の温もりを感じられるサウンドです。生演奏で演奏されることが多く、弾き語り系のアーティストがよく使う楽器です。エレキギターは、アンプと呼ばれる機械に接続して演奏することが前提なので生音での演奏はほとんどありません。しかし、アンプに接続したり、エレキとアンプの間にエフェクターという音色を変える機会を使うことで曲の雰囲気に合わせて音色を変えることができます。アコースティックギターではレギュラーコードと言う一般的なコード表に乗ってるコードが使われることが多いです。エレキギターはパワーコードと言う簡単に押さえられるけど力強いサウンドのコードもあります。このパワーコードはアコースティックギターでも演奏されることがあります。例えば、コブクロさんのYELL〜エール〜と言う曲のイントロはパワーコードです。

アコースティックギターのパーツの名称

アコースティックギターは、各パーツに名称があります。例えば、キリンの首みたいに長い部分をネックと言います。このネックには鉄がたくさんあり、鉄と鉄の間をフレットと言います。チューニングする際に回すやつをペグって言います。文章ではわかりづらいと言う場合アコースティックギターのパーツの名称の解説も動画でやってる僕のUdemy講座をご覧ください。

アコースティックギターコード初心者練習方法

ピックホルダー
よくある練習方法ではないです。

ドレミファソラシドとかいりません

アコースティックギター初心者のための本とかでありがちなのが「まずはドレミファソラシドから練習しましょう」と言うものです。もちろん、その方がいいのかもしれません。でも、ギターってコードさえ覚えたら誰でも弾ける素晴らしい楽器です。せっかくのお手軽さをドレミファソラシドが壊してる気がします。ちなみに音楽歴15年以上で数々のステージに立たせてもらった僕はドレミファソラシドではなくコードから入りました。


こう言う本は良いです。

音楽理論要りません

あと、これもよく聞かれる質問で「音楽理論って必要ですか」ですが、僕は要らない派です。もちろんギターのルールみたいなのはあります。それが音楽理論なのかもですが、音楽理論って言うとやたら複雑で覚えるのが難しいです。人によっては音楽理論から入ってアコースティックギターを挫折してしまったと言う人もいます。残念すぎます。せっかくコードさえ覚えたら誰でも簡単に弾ける楽器なのに音楽理論と言う難しそうな理論にやられてしまった例です。僕がアコースティックギターのレッスンをする際は必ずコードから入ります。


とはいえ、コードは音楽理論が簡略化されたカタチです。僕的には上記の本はおすすめ。

いきなりコードから練習しよう

と言うことでいきなりコードから練習しましょう。なぜなら、コードをある程度覚えたら耳も鍛えられます。コードはただ覚えるだけでちゃんと和音になってます。なので難しい音楽理論とかフル無視でOK。僕のUdemy講座でもいきなりコードから入ってます。でもきっとアコースティックギター初心者さんのお役に立てるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました