期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

【自作】防音ルームを頭だけ自作する方法と自作防音室について解説

ボイスシャット 自作防音室

こんにちは、akiraです^^

防音ルーム頭だけ自作する方法を知りたい。
ZOOM会議とかリモートのときのお隣さんへの音とか気になります。
あと、自作防音室についても興味あります。
というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕は自作防音室を約3万円で作ってみました。
【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説

防音ルーム頭だけ自作する方法

こういう感じのやつを自作する方法について。

防音ルームはネットで材料揃えて自作できる時代です。

ホームセンターで木を買おう

2020/11/30zisakubouonsitu
とはいえ、冒頭からホームセンターおしです。理由は、一旦は本物を見た方がいいと思うからです。僕は自作防音室を作る際「これ、ほんまに家入るんかいな」という不安がありました。なのでホームセンターで板とか実際に見て、分厚さとか確認して買いました。ただ、頭だけ防音ルーム作るならそんな巨大な板必要ないと思いますので、僕みたいに心配性な方はホームセンターで板とか実物見てください。で、持ち運び大変だと思うので、実際に買うのは通販でいいと思います。

通販で木を買おう

通販というか、Amazonあたりですね。頭だけ防音ルームを作る際の木の運搬って地味に大変です。しかしAmazonプライム会員なら玄関先まで荷物を運んでくれますよね。頭だけ防音ルームを自作する際に、通販で材料を揃えられる時代に生まれてよかた。

寸法とかその辺


頭だけ防音ルームの寸法とかどんな雰囲気で作ればいいか気になりますよね。それに関してはこちらの商品をパ●リましょう。

こちらは、秘密基地みたいな雰囲気を醸し出す商品ですが、しっかりと防音対策できるみたいです。マイクは別売です。で、この形をインスパイアして木をAmazonなどで調達しましょう。板このカタチなら4枚あれば事足ります。いわゆるこの字型なので作業も自作防音室に比べてかなり楽はなずです。防音対策の知識として以下をご覧ください。

おすすめマイク

木→遮音シート→吸音材

この順番で板に防音材を貼り付けていきます。なぜこの順番なのか?というと、吸音材や遮音材のみでは期待する防音性能は得られません。吸音材で音を吸収して、最後に遮音材で止めを刺す感じなので両方セットで購入しましょう。

これらを板に貼り付けたら簡単に頭だけ自作防音ルームの完成です。

自作防音室について

頭だけじゃなく、部屋1個作っちゃいましょう。

防音ルーム頭以外も防音したい

市販もあります。

頭だけ防音ルーム作ってもいいんですが、僕のおすすめはどうせ作るなら部屋1個作っちゃう方法です。自作防音室という選択肢です。もちろん頭だけ防音ルームを作るよりも大変ですが、自作防音室はかろうじて中でアコースティックギターも弾けます。僕はこの自作防音室でUdemyやYouTubeの収録してます。収録ルームって感じの使い方ですね。後、ボイトレやギターの練習にももちろん大活躍です。音の配慮に使えるので、ZOOM MTGとか友達とLINE電話する時なんかも自作防音室に篭ってお届けしたりしてます。自作防音室+頭だけ防音ルームのコンボでもいいかもですね。

自作防音室の作り方

ということで、自作防音室の作り方ですが、基本は木枠からです。超ザックリいうと木枠作って、中に防音材を敷き詰める感じです。自作なのでスキマはどうしてもできてしまうのですが、隙間テープなどでどうにかします。あ、僕の作った自作防音室はスキマなくピシッとではありません。ただ、防音の効果はいい感じですよ。夜の21時くらいまでボイトレやギターをやってても今のところ苦情は来ません。試しにどのくらい防音できるのか?気になったので自作防音室の外にiphone置いてボイスメモで録音してみたことあるんですが、何気に効果絶大でした。大切なのは周りへの配慮をするかしないかだと思いますので、音を気にしてる人や、僕のように音を出す趣味をお持ちの方は自己満であっても自作防音室は作った方が良いと思います。作り方についてはかなりまとめた記事があるのでこちらを参考にされてください。

>>【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説

防音の基礎知識

2020/11/26zisakubouonnsitukannsei

これが完成品です。もはや家w


(↑クリックすると記事に飛びます。)
めっちゃ自作防音室おされたけど、そもそもなぜ自作防音室は防音できるの?防音についてちょっと知りましょう。防音って、僕も今回、自作防音室を作るに当たって防音について色々と調べたんですが、結果吸音と遮音に秘密があるようです。吸音は、漢字の如く音を吸収するってことで、遮音とは、僕の認識では吸音して残った音を最後に遮断するって感じのイメージです。なので、吸音材だけじゃなくて遮音材もセットで考えると良いよ思います。このあたりについてはこちらの記事で詳しく語ってますので参考にされてくださいませ。

以上、防音ルームを頭だけ自作する方法と自作防音室についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました