期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

【物語】アコースティックギターを売る方法と手放す時の心境について

gakkikaitorisenmonten アコースティックギター

こんにちは、akiraです^^

アコースティックギターを売る方法と心境について知りたい
引っ越しで手狭になってどうしてもアコースティックギターを売ろうと思う。
でもどこに売ればいいのかわからない。
アコースティックギター売るって…ダメですかね?というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕はアコースティックギター歴15年以上です。

アコースティックギターを売る方法

Martin アコースティックギター Little Martin Series LX1 Natural
アコースティックギターを売る方法を3つご紹介します。

買取業者

アコースティックギターを売る方法で現代っぽい方法はネットの買取業者に売る方法です。僕は引っ越しの時にネットの買取業者にお願いしました。ネット業者と言っても、買取をお願いしたら、買取業者の担当者さんから電話がかかってきて、査定日の希望日を聞かれます。で、指定した日に担当者さんがやってきて目の前で査定をしてくれます。もちろん、査定額が気に入らなかったら売らなくでもいいです。ただ、僕は引っ越し先が手狭でどうしてもアコースティックギターが何本もあると邪魔だったし、アコースティックギターが売れた費用は引っ越し代の足しになった感じです。楽器専用の買取業者さんっていろんなところがあります。例えばこんなところがあります。



この業者さんは買取用の段ボールを無料で送ってくれます。対応も迅速だし、何より高額査定なのが嬉しいですね。査定歴10年以上の買取専門業者さんだから安心して買取をお願いできそうです。

楽器屋

続いて、アコースティックギターを売る方法は楽器屋さんです。僕は東京行く前まで大阪の梅田ってとこにある三木楽器さんでずっとアコースティックギターを買ってました。東京行ってからはいろんなところを転々としてたんで梅田の三木楽器さんに行く事はほぼなくなりましたが。三木楽器さんの店員さんでめっちゃ信頼してる方がいて、その方がずっとアコースティックギターの相談を乗ってくれてました。K.YAIRI RF-65 RBを買ったのもこの店です。

あなたの街にある楽器屋さんで信頼できる楽器屋さんの店員さんを見つけると、アコースティックギターを買う時も売る時も相談に乗ってくれるでしょう。楽器屋さんによっては買取してないところもあるかもしれないので、ここという楽器屋さんが見つかったら買取をしているか確認しておきましょう。

メルカリ

メルカリでアコースティックギターを売る人も多いですね。メルカリでアコースティックギターを売る時にやっておきたい事はライバルリサーチです。まず売りたいギターの名前でメルカリで検索します。で、ライバルがどれくらいの価格で売ってるかをリサーチしましょう。ライバルと同じか、ちょっと安いくらいで売りたいアコースティックギターを出品すると売れる可能性が上がります。今お話しした方法は転売などでも行われてる王道の方法です。この記事ではあくまでもアコースティックギターを売る方法について語ってます。逆にアコースティックギターを探してる時もメルカリで探しても良いと思います。

アコースティックギターを売る心境

ピックホルダー
ここからは、アコースティックギター歴15年以上の僕がこれまでアコースティックギターを手放した過去について赤裸々に語ります。

切ない

アコースティックギターを売る心境はシンプルに切ないです。だって、アコースティックギターってそんなに安い買い物じゃないです。それに、買って終わりではなくそこからいろんな曲を練習したり、僕は曲を作ったり、時にはいろんなライブ会場まで行動を共にします。ひどい時は恋人よりも愛するくらいの存在だったりします。wそんなアコースティックギターを手放すって切ないです。

失恋のよう

アコースティックギターを売るって自分で決めるんですが、なんだか失恋したような気分になります。でも、アコースティックギターを売るという事は次の誰かが僕のアコースティックギターを手にして、また1から曲を練習されたり、いろんなシーンで活躍してるって思うとなんだか嬉しくもなります。「頑張れ」って涙流しながら手を振りましょう。

新たな出会い

アコースティックギターを売る心境は寂しいですが、ただ新たな出会いも待ってます。人によったらアコースティックギターを辞めようとして売る人もいるかもしれません。しかし、一回アコースティックギターの楽しさを覚えた人は遅かれ早かれまたアコースティックギターを欲しいと思うでしょう。僕も一時期はアコースティックギターから長く離れていた時期がありました。しかし、何かをきっかけに再びアコースティックギターを手にして、あの頃のように練習をしたり曲を作ったりしました。最近だとYouTubeに動画を投稿したり、Udemyでアコースティックギター初心者向けコースまで作成してます。やっぱり、アコースティックギターっていいですね。

という事で、以上アコースティックギターを売る方法と心境についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました