期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

ミックスボイスのコツとは?誰かの夢になれる存在になる具体的な方法

How music should be ボイトレ

こんにちは、akiraです^^

 

ミックスボイスのコツを知りたい
あのアーティストみたいな感じで高音を楽に出したい。
自分も誰かの夢になれる存在になりたい!
というお悩みに答えます。

 

この記事を書いている僕はミックスボイスを習得するために時間とお金をかなりつぎ込んできました(ミックスボイスは未完成;)でもアーティストとして生計を立ててたくらい音楽バカです。詳しくはプロフご覧ください。

>>akiraのプロフ

ミックスボイスのコツ3つ

mixVoice裏声
ミックスボイスのよくある出し方についてです。

ミックスボイスのコツ1

ミックスボイスのコツで最初に言われるのはあくびの喉です。今、本当にあくびしてみてください。その感じです。なぜあくびが良いのか?というと、喉仏の位置にヒントがあります。

 

ミックスボイスは喉を開いた状態で高音を楽に出す声なので、あくびの喉をしたときに喉仏が下がっている、その状態を、感覚を身体に染み込ませるための練習方法です。どんな声か?というと、ボビーオロゴンさんとか響きが深く、ちょっとこもったような印象の声ならOK。

 

 

試しに、あくびの喉で1番だけ歌ってみてください。そのときのポイントは、喉仏を触りながら歌います。絶対喉仏が1ミリも動かない!とかは不可能ですが、この下げようとする力が重要になってきます。

ミックスボイスのコツ2

続いてのミックスボイスのコツは、鼻腔共鳴です。鼻腔、蓄膿とかなるときにウミが溜まる場所で、花粉症の時とか腫れて息ができなくなる穴です。ミックスボイスでなぜ、鼻腔に響かせるのか?というと、ミックスボイスは共鳴をうまく使う声だからです。まるで平野レミさんの料理のようです。「混ざれば一緒よ」と言わんばかりに。w

 

いや、ふざけてなくて本当で、例えば、アコースティックギターって弦が振動するだけだと、あんな深くて哀愁のある音が出ません。ところが、サウンドホールという穴のおかげで豊かで木の温もりを感じる、あのアコースティックギターのサウンドになります。

 

それと一緒の原理で、ミックスボイスも鼻だったり、胸だったりを上手く響かせてあげることで、弱々しい裏声のような声が倍音とか響きとかで、まるで地声のようなサウンドに生まれ変わります。って、オメェ、冒頭でミックスボイスが未完成って言ってたじゃないか!どの口が偉そうに…って思ったかもです。確かに、僕はミックスボイスの習得はまだまだです。

 

しか〜し。ミックスボイスの習得のために、ほんとこれまで時間もそうですが、何よりお金;を投じてきました。せっかく習得した知識をそのまま放置するのはあまりにももったいなすぎると判断したので、このようにブログを立ち上げ、記事にしてお届けしている次第でございます。

 

なので、怒らないでね(笑)あ、話はそれましたが、声でいうと、田中真紀子さんみたいな声がかなり鼻腔共鳴を得やすいです。ぜひモノマネしてみましょう。

ミックスボイスのコツ3

ミックスボイスのコツ、3つ目は裏声から地声です。これが出来ると、ミックスボイスの習得がかなり近いです。(お前できてんのかよというツッコミは上述した通りでございます。。)でもね、この地声から裏声だけはなぜか出来るんです。僕。自慢とかじゃなく、ポイントとしては極端な息多目の裏声を出してからの、田中真紀子さんとボビーオロゴンさんを意識する感じで「ハ〜ア〜」って出します。そしたら、感覚の良い人なら「あ、これかも♪」と感覚を掴めるでしょう。

 

もし、「え?全然感覚わかんないんですけど」という人は、ミックスボイスのコツ1に戻って練習をしてみてください。

上記について詳しくまとめられた本があります。この本を買えばミックスボイスが出る…なんてドラえもんの世界ではなく、毎日コツコツと積み重ねるミックスボイスの練習方法が詳しく載ってます。この本から、ミックスボイスを習得できた人がかなりいるようです。

毎日、地道にミックスボイスの練習を出来る人だけが、憧れのアーティストのようなかっこいい歌声を手にできます。が、いくら上手くなったところで誰かに聴いてもらわなければ存在しないのと一緒です。もっと言えば誰かに認められて初めてそのアーティストの価値が出てくるでしょう。と言うことで、次はちょっとビジネスチックなお話をします。

誰かの夢になれる存在になる方法

How music should be
ここからはミックスボイスのコツをマスターして、あの高かった曲を軽やかに歌い上げ、TikTokやInstagramのストーリーであなただけのオリジナリティある歌声が多くのフォロワーに届いて、未来の瑛人や優里のような存在になるためのこれからの音楽のマーケティングについて学んでいきましょう。

認知してもらう

これからの音楽のマーケティング、と言ってもやることは数十年前から変わってません。なぜなら、今あなたが日々使っているブランドだったり、青春時代や大人になってもずっと聴き続けているアーティストも全くこれと同じ方法で有名になっていったからです。これからあなたが憧れのアーティストのようなステップを登っていくに中、すごく当たり前ですが非常に重要な話をします。それは、、、

まずは認知してもらうことです。拍子抜けしましたでしょうか。それなら残念ながらあなたはマーケティングについてあまり理解していないと言えます。なぜなら、よくある勘違いとして「いい曲さえ作っていたら」「歌が上手くなりさえすれば」・・・みたいなスキルの向上ばかりに目を向ける例があります。確かに、ある程度のスキルというのは必要です。

 

これから何百、何千というフォロワーたちに認知してもらうためにはやはりそれなりの歌のうまさだったり、良い曲が書けるセンスは必要かもしれません。しかし、本当に有名になっているアーティストが皆飛び抜けたトップ1%の歌のうまさでしょうか?

Apple musicやAmazonミュージックに登録され、リツイートの嵐を浴びている曲たちは、皆歴史に残る名曲ばかりでしょうか?残念ながら、違います。

 

もちろん、中にはそう言った曲やアーティストもいるのかもしれません。しかし、忘れてはいけないのは、彼らや名曲たちも皆、最初は“認知してもらう”所からの同じスタートです。

価値を提供する

次に価値を提供する。という話をします。ところで価値とはなんでしょう?あなたにとってお金に直結するものでしょうか?それとも、精神を満たしてくれるものでしょうか。人によって価値は様々だと思いますが、ここでいう価値を受け取りやすい人は、もちろんあなたの音楽やキャラクターに価値を感じてくれる人のことを言います。

 

例えば、あなたがアイドル系のアーティストを目指しているなら、ターゲットは中高生から社会人3年目くらいまでのジャニーズが好きそうで、買い物はFrancfrancとかおしゃれな雑貨屋さんで買い物をしている女子ということになるでしょう。

 

例えば、あなたが実力派のアーティストを目指しているのであれば、ターゲットはAIやYOASOBIのような歌唱力や楽曲の良さで勝負しているようなアーティストを普段から好んでおり、Appleユーザーでガジェット系にも強く、IT系の仕事に勤めている30代男性サラリーマン、ということになるでしょう。そして、そのような人たちに響く“単語”が必ずあるはずです。

 

例えば、Francfranc系のオシャレ女子なら「アイドル」とか「可愛い」とかそういうのです。IT系インテリ系サラリーマンに向けてであれば「最新の」とか「マーケティング」とかそういう系の単語です。この単語を意識しながら日頃から情報発信を彼らに向けてすることで、あなたの価値はより伝わりやすくなります。

 

そして、あなたを認知してもらった後はターゲットが好みそうな楽曲を制作し、ターゲットが好みそうなイベントなどを仕掛けることでよりあなたの価値が増幅するという流れです。

マーケティングを学ぶ

最後にマーケティングについてお伝えします。マーケティングとは一言で言うと“拡大”です。あなたの価値を最大限に受け取ってもらうためにはマーケティングは不可欠です。昔はSONYとかTOSHIBAとか大手の音楽事務所がその辺をアーティストのかわりにやってくれてました。

 

売り出すためには大物作曲家に曲を書いてもらい、TV番組で大物タレントなどが出ている番組に出演させたり、TVCMを打ったり、渋谷のスクランブル交差点の街頭掲示板で大々的に宣伝をしたりしてくれてました。ところが、その戦略だけでは通用しない時代に突入してきました。

 

そう、インターネットの登場です。インターネットが登場してからと言うもの、ユーザーの価値観は非常に様々なものになりました。それまではCMで流れているものを買い、雑誌で流行っている服を身に纏うことが一番の幸せとされていましたが、インターネットではそれ以外の生き方をしている人が数多く活躍してます。その生き方だったり、考え方に多くのファンが集まり、新しい市場がどんどんと生まれています。さらに今はYouTubeなどの無料の宣伝媒体も充実している時代です。

 

と言うことは、ユーザーが幸せと感じる生き方や価値観も多種多様になることは容易に想像できますね。さて、僕たちアーティストがこれからの時代により多くの人々に認知され、価値を提供出来る存在になるためにはこうしたマーケティングをしっかりと学んでいく必要があります。ただ好きなことを適当につぶやいている人よりも、ターゲットを定め、ターゲットが喜ぶコンテンツを発信し続けられる人がさらに有名になり、社会に認められる人になれる時代です。

 

なんだか他人事のような話に聞こえたかもしれませんが、これはあなたにとって重要な話です。ミックスボイスを習得するだけでは、歌が上手いだけでは無理で、売り方も含めてどんなアーティストになりたいかを決めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました