期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

防音に使えるアイテムはこれだ!更にボイトレに特化した防音アイテム

2020:12:10kyuuonzaizisakubouonsitu ボイトレ

こんにちは、akiraです^^

防音に使えるアイテムを知りたい
防音対策をしようかと考えているけど
ググるといろんな情報がありすぎてわからなくなっている。
ボイトレに特化した防音アイテムも知りたい。
というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕は自作防音室を約3万円で作ってみました。
【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説

防音のアイテムをご紹介

2020:12:10kyuuonzaizisakubouonsitu
まずは防音の定番アイテムからご紹介。

吸音材(遮音シート)

まず防音のアイテムの定番は吸音材です。吸音材のイメージは、音楽スタジオとか昔のカラオケとかの壁です。凸凹のスポンジみたいな形で黒が定番です。吸音材だけでもある程度防音効果はあるものの、理想は遮音シートの上に吸音材です。

 

厳密に言うと吸音材→遮音シート→壁という感じです。理由は、吸音材でまず音を吸収します。残った残響音を遮音シートで止めを刺す。みたいなイメージです。使用方法としては賃貸の室の壁に貼ってみたり、自作防音室にも使えたりします。

吸音材だけじゃダメなの?と言うとダメではないものの、やはり遮音シート+吸音材が防音の組み合わせとしては良いとされてます。

こっちが吸音材

こっちが遮音シートです。

賃貸に吸音材を貼るには、以下のことに気をつけましょう。
賃貸の壁を傷つけず吸音材を貼る方法【あるテープを2種類使用】

隙間テープ

続いての防音のアイテムは隙間テープです。え?なんで隙間テープが防音?と思うかもですが、隙間から音は逃げます。隙間を塞ぐことで実はかなり防音効果があります。隙間テープって本来、冬の隙間風を防ぐイメージかもですが、風を防げる=音が逃げないって感じです。音も空気なので遮断してあげると逃げ道がなくなります。

 

あと、隙間テープは防寒の役割も果たします。冬とか全然違いますよ。しかもエアコンの効きまで良くなるので防音のアイテムとしては結構おすすめだったりします。隙間を防ぐだけでそない効果あるの?と思ったあなたへ。

 

ある友人は、築年数が古いマンションだったので、隙間風が多く、近隣の騒音にも悩んでました。先日、隙間風に悩む友人宅に隙間テープを貼ってあげたところ、隙間風が解消され、冬の暖房代が随分と減ったと喜んでくれました。

そればかりか、近隣の騒音も少しマシになったとのことでした。(上の住人が防音対策を一切せずに騒いでるみたいなのでそこはジョイントマットくらいして欲しいものですね)

ジョイントマット

ジョイントマットもマストな防音のアイテムです。理由は、防音っていくら上ばっかやっても意外と床から下の階に伝わるからです。例えば、子供のドタバタで苦情を食らってしまった人はジョイントマットだけでクレーム0です。

ここまでをまとめると、まず吸音材+遮音シートで音を消します。隙間から逃げる音も消します。さらに床から下に伝わる音も消しましょう。え、防音のアイテムってそんなあるの??てかめんど。って思ったあなた。

それならいっそのこと自作防音室を気合で作ってはいかがでしょうか。ジョイントマットってちょっとしたストレッチや筋トレにも使えます。

汚れてもお風呂場でさっと探せるので掃除が楽。ペットを買ってるご家庭なんかでも役立ちます。

ボイトレに特化した防音アイテム

2020/11/26zisakubouonsitutukue
ボイトレに特化した防音のアイテムをご紹介。

自作防音室

さっき言った、自作防音室はもちろんボイトレにも使いまくれます。僕も自作防音室でボイトレしたり、ギターの動画収録したりしてます。自作防音室がおすすめの理由は、とにかくコスパが良いことです。

例えば、ボイトレの度にカラオケとか音楽スタジオを借りてたら破綻します。自作防音室なら約3万で出来ちゃうので、気合は要りますが、作る価値ありです。自作防音室って作るの大変じゃないですか?と思いますよね。はい。大変です。

ただ、予備知識なしで1から情報収集して、そこから材料を準備して・・・と考えると果てしない旅のように思います。しかし、幸いあなたは約3万円であなたより先に自作防音室を作った僕の議事録と、材料をほぼネットで仕入れられるように様々な商品のリンクをまとめた僕の記事があります(恩着せがましw)ドヤるわけじゃなく、単純に自作防音室作って僕はほんと大大満足してます。

 

なので、この優越感や達成感、また実用性をあなたにもぜひ味わっていただきたく記事にまとめてみました。

自作防音室の記事
【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説

ボイスシャット


ボイトレに特化したアイテムで「ボイスシャット」と言うアイテムがあります。頭だけ防音できるアイテムなんですが、通常、リモートワークとかに使うみたいですが、ボイトレにも適してます。ボイスシャットが防音できる理由は、これさえあれば設置するだけで自分で吸音材とか遮音シートなどを買わなくてもOK。と言う代物だから。

 

例えば、DIYとかほんと苦手です・・・と言う人にはおすすめのアイテムです。この記事を読んでくれてるあなたは必ずボイトレをしてるわけじゃないと思うので、例えば夜中に恋人とのラブラブLINE通話でイチャイチャしたい。

でも、近隣への騒音問題が気になる・・・と言う人にもおすすめの防音アイテムです。

先ほど述べたように、本来ボイスシャットはZOOM会議とかで声を出す際の防音のアイテムみたいですが、ただ、シャットボイスだけで完璧ってわけでもないので、本格的にボイトレした人は後にご紹介する1人deカラオケDX 防音マイクと併用されるのをおすすめします。

1人deカラオケDX 防音マイク

1人deカラオケDX 防音マイクは単体でもまぁまぁな防音対策ができるアイテムです。さっきのボイスシャットと合わせ技で更に効果が高まります。組み合わせは様々で、1人deカラオケDX 防音マイク+自作防音室とかでも効果は絶大。

そもそもボイトレをする人が防音対策をした方がいい理由は、声ってめっちゃ響きます。それも自分が思ってるよりも壮大に。試しにiphoneとかのボイスレコーダーでご自身の声を録音してみてください。すると、自分の声が部屋に反響してるのがわかると思います。

この反響をなくせるのが吸音材出会ったり、遮音シートだったりします。そしてそれらをまとめて一つにしたのが自作防音室だったりします。ボイトレを本格的に自宅でやりたい。でも騒音問題が気になる。と言う人は自作防音室も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

以上、防音に使えるアイテムとボイトレに特化した防音対策についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました