期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

【楽譜よめなくてOK】アコースティックギターの魅力とコブクロ秘話

太い声 Udemy

こんにちは、akiraです^^

アコギの魅力を知りたい
これからアコギに挑戦しようとしてる。
楽譜読めないんですが大丈夫ですか?
というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕はアコースティックギター歴15年以上でギターUdemyで講師もやってます。
【手順】Udemyとは?Udemy講師になる方法と使用機材を紹介

※記事内でコブクロ、ゆず、19と呼び捨てしちゃってすみません。


アコギの魅力

太い声

アコギの魅力と路上ライブについて

アコギは電気もいらず、ある程度大きい音が出せます。なのでアコギが置いてるオサレなバーでオサレな曲を奏でるだけで一目置かれます。また、ストローク(ジャカジャカ弾く)だと歌声に負けないので路上ライブにも適してますね。

アコースティックギターっていうの、長いんでアコギにしますね。僕のブログで登場するギター=アコギくらいでよろしくです。さて、僕がアコギを初めて手にしたのは中学生くらい。当時はゆずや19が全盛期で地元の駅で路上ライブが頻繁に行われてました。(今みたいにすぐ警察来なかったです)

テレビや雑誌でも路上ミュージシャンの話題がたくさん取り上げられてましたね。ギターを始めたばかりの僕はまだ1曲通して演奏できるかできないかくらいでしたが路上ライブに参戦←チャレンジャーでした…

路上ライブライフ

当時同じクラスだったAくんに「ゆず好き?」ってナンパされて、ユニットまで組みました。ゆず好きの二人は「ゆず全曲集」みたいなコード本片手に毎週のように地元の駅で路上ライブをしてました。路上ライブ仲間もできて、年齢や先輩後輩関わらずみんなアコギで繋がってました。

路上ライブ終わりにはミュージシャンもお客さんも分け隔てなくみんなで遅くまで喋ってました。青春しとるなーw

そんな楽しい路上ライブライフがしばらく続いたある日のことです。

コブクロさんの赤い糸

Aくんが「コブクロって知ってる?」と言ってきました。当時から流行りにうとかった僕は「わからん〜」ってスルーしかけました。が、Aくんにコブクロのアルバムを借りてみました。すると…『な、なんじゃこりゃ…めっちゃ好こ♪』ってなっちゃいました。

僕はコブクロに恋をしました。そして今では新垣結衣(ガッキー)さんがMVに出演されて話題の「赤い糸」もコブクロファンの中では結構前から名曲でして、当時赤い糸を聴きすぎた僕は歌詞・コード譜なしで路上ライブで歌い散らかしてました。

コブクロさん、こんな素敵な曲を貸してくれてあざす。間違ってたらごめんなんですが、確か赤い糸を路上ライブで歌ったときにあまりにもいい曲すぎてファンから「誰の曲ですか?」って質問されたとき、ちっさい方の小渕さんが「み、ミスチルの曲です・・・」ってとっさに嘘ついたって話があったようななかったような。そのくらい、小渕さんが思ってるよりも反響がすぎかったみたいです。



ビックアーティストを繋いだアコギ

Mixed voice

ビックアーティストを繋いだアコギ

シロアリ駆除の営業ナンバーワン小渕さんと堺の声量お化け黒田さんがアコギを通して出会いました。今では武道館、アリーナの常連となりましたが「朝まで僕らと一緒に歌ってくれませんか♪」ってフレーズの曲は路地ライブのあの光景がリアルに浮かんで好きです。

アコギを通していろんなストーリーがありました。アコギやってたからゆず、19、コブクロなどが好きになりました。彼らはビッグアーティストですが、やっぱりきっかけは音楽であり、アコギでしょう。

楽譜が読めなくても楽器に挑戦できるアコギ

楽譜読めなくても楽器に挑戦できるアコギは僕の音楽人生を変えてくれました。気がつけばアコギ・音楽歴が15年以上になりました。いろんなご縁があってアコギがきっかけで沖縄民謡とコラボして一時期は沖縄移住までしてました。

それもこれもアコギをやっていたから繋がったご縁です。僕はこれまで某スクールでアコギやボイストレーニングなどを教えたり、アコギのプライベートレッスンをしてました。全くギターが弾けなかった状態から、アコギを弾き語れるように成長された生徒さんから感謝を言われることもあり、逆にこっちがありがとうだよ。という感じになりましたね。

その子は今ではライブハウスなどで音楽活動を頑張ってるんだそうです。このように楽譜なんて読めなくてもアコギは誰でもチャレンジできます。歌うことが大好きな人もアコギにチャレンジして音楽の見方が変わったと言う人もいます。

この記事を読んでいただいてるあなたが楽譜が読めないからという理由でアコギに挑戦しないのはもったいないと思ったのでこの記事を書きました。これからアコギを練習して楽しい音楽ライフを送りましょう!

おすすめ記事

【手順】Udemyとは?Udemy講師になる方法と使用機材を紹介

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました