期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

【防音】防音に良いとされるウレタンの効果は?吸音材とどう違う?

自作防音室

こんにちは、akiraです^^

防音にウレタンが効くのか知りたい
防音対策をしたいけどウレタンってどうなの?と思ってる。
グラスウールはちょいと怖いし、抵抗あるのでウレタンでいけるか知りたい。
というお悩みに答えます。

この記事を書いている僕は自作防音室を約3万円で作ってみました。
【格安】自作防音室の設計図と具体的な作り方を図解と動画で解説



ウレタンの防音性能

ウレタン

ウレタンとは

やっすいマットレスとかに使われてたり、クッション系にウレタンは使われます。最近だとウレタンマスクが有名なので馴染みのある人も多いかもしれませんね。本来、防音対策のためのものじゃないですが吸音材もウレタン素材がだったりします。触った感じは食器洗うスポンジみたいな感じですね。ウレタンの密度が濃い(高い)と防音性が上がります。もしちゃんと防音対策したいって場合は遮音シート+吸音材の組み合わせをお勧めします。

ウレタンの防音性能

さて、ウレタンって防音性能はどうなんでしょう。僕は遮音シートも吸音シートも既製品を買いましたが、人によってはホームセンターとかに売ってるシングルのやっすいマットレスとかの中身を抜き取って吸音材の代わりにしてる方もいます。が重複しますが、防音性能にこだわるのであれば密度の高いウレタン吸音材をお勧めしますよ。

ウレタンの密度

ウレタン吸音材には密度があります。Amazonだとウレタン吸音材のスペックが載ってます。厚みがいくらあっても密度がスッカスカだと音がそのまま貫通します。なので大事なのはウレタンの厚みよりも密度です。もし密度の高いウレタン吸音材を探してるなら、タンスのゲンのウレタン吸音材はかなり密度が高いそうです。


僕は自作防音室を作りたかったので、ウレタン吸音材単体じゃなく、吸音シートという粘着剤が最初から付いてるシールタイプを買いました。遮音シートに貼るのが超絶楽でしたよ。



グラスウールとウレタン

グラスウール

防音性能はグラスウールの圧勝

グラスウールとウレタンだと、防音性能は断然グラスウールみたいです。そもそもグラスウールって、ガラスの繊維でできた家建てるときの断熱材に使われる素材なんですが、ガラスの超細かい糸みたいなのがスポンジ状になってるので、そのまま触るとチクチクします。それにマスクなしにグラスウールの舞ってる空間にいるのは危険です。←経験者ですwその点、ウレタンだとハサミでチョキチョキ切れるし、ポロポロ落ちたカスも掃除機で一瞬で吸えます。お手軽さはウレタンですね。

ウレタンの手軽さ

防音性能はグラスウールに劣りますが、ウレタンはなんせお手軽です。それにスポンジみたいなもんなので軽い。グラスウールも軽いですが扱いにくいです><
Amazonとかでも吸音材=ウレタンみたいになってて、ウレタン吸音材がやたら出てきます。ちなみに、グラスウールとウレタンのいいとこ取りみたいなこんな商品もあります。

使ったことないですが、お値段もそこそこしますし、グラスウール+ウレタン吸音材とは、結構期待できそうですね。

自作防音室について

もちろん、グラスウールで本格的な防音室を作り上げるのもありです。ただ、僕の目的はいかに安くで自作防音室を作るかってとこだったのでグラスウールとか高級品には手を出せませんでした。グラスウールのボードとか売ってますが、それだけで2万超えますし。。あともうちょいで僕の自作防音室作れますやんって値段ですw防音ってこだわりだすとどこまでも高級になっていくし、工程も複雑になります。そこまでこだわるんだったら出来合いの防音室買ったほうが早い気がします。

でもクソ高いですし、DIYで自作防音室の良いところは家のちょっとした空いてるスペースに設置できるってとこです。3万は高いですが、僕基準だと引越しの際、最悪次の家に持っていけなくても諦められる価格です。ってことで自作防音室作る際はウレタンのほうがお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました