期間限定で無料公開中のアコギコースを今すぐゲット

下記のボタンをクリックして受け取りフォームへ進んでください^^
↓↓

24980円のアコギコースを無料で受け取る

多分HSPの僕が生き辛いので、生き方の方向性を変えようと思う。

hsp HSP

こんにちは、akiraです^^

僕はこれまでいわゆる成功者、
インフルエンサー的なポジションの方、
情報商材で成功した人などの影響を受けて
成功とは、“こうあるべき”と考えてきました。
(彼らが悪いんじゃなくて、僕には合ってなかった)

先日、ゆっくりと思考する時間があったので
色々とリサーチ調べると、他人になろうとすればするほど
不幸になる可能性があることを知りました。

僕、多分HSPです。

今回は

「なんで、この世の中って行き辛いんだろう」
「自分って社会不適合者かな?」

と悩んでる人向けの記事です。

HSPというモノについて知っていただき
「だから生きづらいんだな。」という理由から
具体的な解決方法までお伝えできればと思います。

HSPの特徴と具体例について

hsp

HSPを知ることで、多分生きやすくなる人もいるかもです。

HSPとは

Highly Sensitive Person

「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」
=非常に敏感な人(訳:by Google)

HSPは現時点(2021/02時点)では病気でも障害でもありません。

アメリカの偉い人が提唱した、ストレス環境に弱かったり
気を使いすぎるタイプの「繊細さん」のことです。

逆にいうと、人の痛みがわかってしまいすぎるので
共感力がめちゃくちゃあるのが特徴です。

HSPって珍しいのかな?と思ったら
5人に1人くらいの割合でいるみたい。(8割の人はHSPじゃない)

HSPの人は、無理して合わせようとして
体調まで悪くしちゃう人が多いんです。

だけど、一般社会(HSPじゃない人)からすると
変な人っていう認識になります。

今はストレス社会、だから生きづらんですよって片付けられても
なんかしっくり来てなくて、

「自分はダメ人間なんじゃないか?」
と自分を責めてしまう場合、お伝えしたいことがあります。

大前提として、あなたは“そのままでいいです。”
むしろ、変に努力して変わろうとしないでください。

理由は、HSPは生まれ持った性格みたいなもんだから。

例えば、

・風船が割れる音にやたら敏感だったり

・子供が騒ぐ声を聞くとストレスメーターが爆発しそうになる

・コールセンターみたいなオフィスにたくさんの人がいて
いろんな作業を同時にこなさないといけない環境にいると
なぜか体調が劇的に悪くなる

と言った特徴があるようです。

これ全部、僕です。w

僕はコールセンターバイト時代に、決まって体調崩してました。
たくさんの人が同じフロアにいて
上司が不機嫌だったり、空気が悪いと
唇にヘルペスが出たり、胃が痛くなってました。

HSPのことを色々と調べてわかったんですが、HSPの人って
人混みとか組織的な働き方が苦手
らしいです。

じゃあ、働けないやん。ってことなんですが
そうなんです。HSPは働き辛い、もっというと行きづらい生き物のようです。

HSPの特徴

HSPの人は、ざっくりとこんな特徴があるようです。

Depth of processing
考え方が複雑で、思考の度合いが深い
  • 興味のあることはとことん突き詰める
  • 一を聞いて、十のことを想像できる
  • うわべだけの言葉を見抜いてしまう
  • 物事をじっくり考えるため、行動までに時間がかかる
Overstimulation

刺激に敏感で疲れやすい

  • 人混みや音が苦手
  • 人とコミュニケーションを取ると気疲れする
  • 感受性が強く、芸術作品に感動して涙することが多い
  • 他者の些細な言動に傷つきやすい
Empathy and emotional responsiveness

他者の気持ちに振り回されやすく、共感力が高い

  • 人の些細な仕草などに敏感で、機嫌を察してしまう
  • 傷ついている人がいると、自分も同じように感じてしまう
Sensitivity to subtleties

あらゆる感覚が鋭い

  • 冷蔵庫や時計の音が気になる
  • 強い光が苦手
  • 匂いに敏感

出典:新宿ストレスクリニックさん

他にも、承認欲求が強めだったり

完璧主義な部分を持ち合わせてたり…自分のことですが、めんどくさい生き物です^^;

(多分)HSPとわかって、僕が始めた行動

HSPとわかったからには、このまま我慢するとかナンセンスすぎます。

とりあえず、人生設計の見直しです。でも、もう若くもないです。
そこで自分の得意なこと、苦手なことをリストアップしました。
かっこよく言ってますが、殴り書きしてみただけです。

すると、もろHSPやんってことがわかりました。

・営業職は胃が痛くなる(ひどい場合下血)
・1フロアに人がたくさんいる環境自体しんどい
・コールセンターのバイトは絶対あわない
・マルチタスク人間と思い込んでたけど、そうでもない。
・期待されすぎるとしんどい。
・職を転々としてしまう
・一箇所に住めない
・子供が嫌い
・パリピが嫌い
・1人が好き
・家が好き
・整理整頓が好き。
・飽き性
・歌とか映画でよく泣く
・昔から人生相談よくされる
・人の感情に寄り添う率が高め
・人を癒す行為が好き
・マッサージが好き
・家事を黙々とすることが得意。
・喜んでくれるかな?と頑張れる→でもやったら気づいて欲しい、褒めて欲しい。
etc…

これは、僕の特徴です。
HSPだから、と言って人それぞれ特徴があるはず。

なので、自分は何をしてる時は楽しいとか
何がやりたくないか明確にしてから
生きてみると、それだけで楽になったりする可能性ありです。

さて、ここからはHSPの人におすすめできる職業と
これだけは絶対にやめとけ案件をご紹介します。

HSPにおすすめの職種

HSPの特徴をいかして、活躍できそうなお仕事をご紹介します。

人を癒す系の仕事

理由:人の悩みに人一倍共感力があるから。

具体例

・セラピスト

・カウンセラー

・介護士

・コーチング

etc…

自然派、動物系の仕事

理由:これも共感力のことで、HSPじゃない人が感じ取らない植物や動物の感情がわかるから。(第六感的要素)

具体例

・花屋さん

・農業

・ペットショップの店員さん

・トリマー

etc…

IT系の仕事

理由:人と接する機会を減らし、クリエイティブな作業に没頭できるから

具体例

・WEBデザイナー

・SE/プログラマー

・ライター

・在宅でできるIT系のお仕事

etc…

HSPでも、持って生まれた共感力や、クリエイティブな脳みそを使って
普通の人が理解できない能力を仕事に生かすことができます^^
IT系のプログラミングなどの技術を身につけておくと
例えば、在宅で誰とも接することなく

ネットで案件受注

打ち合わせもネット

家でもくもく作業

ネットで納品

これで一般的なサラリーマンとか以上の収入を得られます。
しかも、最大のメリットはHSPの特徴
深く思考してクリエイティブな作業が発揮できるという点です。

多分ですが、あなたもアイデアめっちゃ思いつきません?

僕は、結構妄想癖あって
「こんなサービスあったら便利なのに〜」
とかしょっちゅう考えてます。

実は、アイデアや妄想が多いのもHSPの特徴のようです。

あなたの寿命を伸ばす(ストレスなど我慢せず身を守る)ためにも
IT系の技術を今から学ぶのはありです。

HSPに向いてない職種

次に、HSPの人は絶対おすすめしない職業についてです。

こういう職場環境はHSPであるあなたの寿命を縮める可能性があります。

営業職
コールセンター
大企業
人がいっぱいいる場所
マルチタスクすぎる仕事(いっぱい仕事を一気にやらされる)
上司や職場が常に不機嫌な環境

転職って、なかなか勇気が要ります。
特に30代を超えてからは

・なんでこんなに面接落ちまくるんだろう…
・自分って存在価値ないのかな
・やっぱり社会不適合者なのかな

みたいなマイナス思考に陥りがちですよね。
HSPの特徴として、他人の気持ちがわかりすぎる分
なんでこんなこともわかってくれないの?
という物差しも持ってます。←やっぱり難しい生き物ですよね^^;

転職で面接に落ちる度に
誰も自分のことなんて必要としてないんだ
的な思考に入るとまさしく負のループになります。

そんな状況をなんとかしたいあなたにおすすめなのが
マンツーマンの転職トレーニングです。

転職トレーニングというとあまり聞き慣れない言葉と思いますが
ハロワでいう、職業訓練的のもっと実践的(親身、具体的)で、

かつ実績ありまくりのサービス内容だったりします。

例えば、下の画像の転職トレーニングサービス(ゲキサポさん)の成功事例↓

・50社ほど面接に落ちまくった人が、第一志望だった会社に一発内定合格
・履歴書に穴が空いてしまった(休職期間中)けど誰もが知る大企業に転職成功

こんな事例がポンポンあるみたいです。

すごすぎます。(もう一回、実績読んでみてください。↑)

今の転職市場って、はっきり言って人身売買レベルで
金になれば人を売り飛ばすのイメージですが
こうしたマンツーマンの転職トレーニングがあると
安心感が全く違いますよね^^

あなたのHSPの特徴をいかして、この先の人生をより豊かにするために
今の職場や悩みを一旦リセットするという選択肢も全然ありだと思います。

というか、そうするべきとも思います。

HSPと鬱の大きな違いについて。

hsp
HSPって鬱とは別物です。
鬱は診断おりた瞬間から病人確定です。

国(日本)も自殺者を増やさないために、生活保護とかで僕らの税金使って全力で助けます。
しかし、HSPって現時点では「別に病気じゃないやん」ってポジションなので、
世間的に見ると甘えのように映るようです。(辛い)

例えば、HSPの人はたくさんの仕事を一気に処理できません。(なのに割と完璧主義が多め)
なぜなら、行動までにゆっくりと判断する時間が必要だからです。

HSPの人はストレスに弱いです。
なぜなら、感受性が豊かすぎるから。

HSPの人は被害妄想のプロです。
なぜなら、ちょっとしたことで
「あ、自分の悪口言ってんだろうな〜」
って思うから。

こうした一般社会と交わりにくい性格のHSPの特徴に悩んで
鬱病になってしまう人もいるようです。

だからと言って、諦めるのはまだ早すぎます。

ちょっと箸休め的に、僕が続けてきた音楽とHSPの関係性について書きます。

僕の話をちょっと挟ませてもらって、
次はHSPの人におすすめの生き方や習慣について語りますよ。

(多分)HSPの僕が音楽を好きな理由


HSPの人って、感受性が豊からしいです。

音楽や映画で号泣レベルで涙流す人は可能性が高いです。
他にも、不機嫌な人がいるとその空気に引っ張られたり

意外と完璧主義な部分もあって、これだけやったのに
なんで認めてくれへんねん。っていう承認欲求も強め。
正直、自分でもややこしい生き物だなと思いますw

ちなみに、HSPの特徴の一つに
大きな音や刺激に反応してしまう
というのがあります。

「え?なんでライブとかって大きい音やん。」
ってなったかもですが、
カラオケで、大好きな歌を歌ってたら
感情移入しすぎて泣くってことがよく合ったり
素晴らしい歌声を聴いただけで号泣するのも
多分、普通の人からしたら理解できないんだと思います。

だけど、僕はこれまで音楽にめっちゃ救われてきた
これからも感動し続けるんだと思います。

そして、誰か1人でも人生に何か良い影響を与えられる
そんな存在になれるために、無理せずHSPなりの
人生の楽しみ方を実践してこうと思います。

・・・

お待たせです。次はHSPの人におすすめの生き方と習慣についてです。

HSPの人におすすめの生き方や習慣について

HSPだからって、試合終了ではありません。
ちゃんと社会の中で生きてくことはできます。
ただし、HSPの特徴をいかせる生活じゃないと厳しいです。

HSPの人って、頑張っちゃう人が多いんですって。
例えば、仕事を頼まれたからちゃんとしなきゃ的な。
でも、それがそもそもHSPの人には全く合ってないんです。

苦手なことを克服しようとして
頑張って人と仲良くなろうとしたり
仕事を抱えることもお勧めしません。

じゃあ解決策は?というといくつかあります。

①仕事を変える

仕事って、普通は人生の大半をしめます。
ところが、自己啓発とかで無理に自分を奮い立たせても
HSPの場合、生まれ持った性格なのでなおりません。

そこで、転職を考えましょう。
ここでまた、優しすぎるあなたは

「転職なんて、今の職場に迷惑がかかってしまう・・・」
と考えたかもですが、まじで無理しすぎると
ストレスで寿命縮まりますよ。

それより、HSPの特徴を理解して
これなら、自分の特徴をいかしつつ
社会の役に立てそう♪
という選択肢を知りましょう。

それでも、、、ってなかなか踏ん切りがつかない場合
こうした退社の代行サービスを取り入れるのも
一つです。

HSPは、あまり知られてない上に
HSPはマルチタスクが苦手だったり
ミスもしやすい特徴があります。

さっきもご紹介しましたが、もし面接落ちまくってる系の人で

自分って価値ないのかな…

って悩む時間勿体無いので、転職トレーニングサービスも視野に入れましょう。

②得意を仕事にする

HSPの人は人の感情に寄り添うことが特技です。
例えば、人を癒すマッサージなどは超向いてます。
なぜなら、どこが疲れているかな?とか
今日は話したい気分なんだな。というお客様の気持ちが理解できるからです。

あとは、家事代行のバイトとか。
淡々とこなせる系の仕事も良いとされてます。

HSP=こんな人っていう方程式はなくて
人によっては、WEB系の集中力が必要な作業を得意とする人もいます。

要は、たくさんの人と接しない仕事だと合うみたい。
注意したいのが、WEB系と言いながら
バンバン営業するようなのはだめです。

エンジニアとか打ち合わせは耐えつつ(最近だと全部WEBで完結も可能)
作業時間多めや、在宅でできるスキルある人は
そっちの方が圧倒的に楽です。

今、手に職がなくてもOK。

プログラミングの独学をしてて絶賛挫折中の人でも
プロの先生に質問し放題の環境を手に入れることで
挫折ゼロで目標達成できます。

技術が身に付くだけじゃなく、転職支援まで1本で行ってくれてるのが
こちらのサービスのようです。

こうしたサービスを活用しつつ
あなたのたった1回の人生をより楽に楽しく生きるヒントを得てください^^

③ブログを始めてみる

最後に、多分HSPの僕が個人的にめっちゃおすすめなのが

ブログを始めてみる

という選択肢です。理由は、自分の思考を整理できるから。

HSPの人って人の目をやたら気にします。
「嫌われたらどうしよう」的な。
HSPの人って被害妄想のプロなので
それが原因で喧嘩する夫婦やカップルが後をたちません。。w

もちろん、職場での人間関係とかも一緒。
HSPの人が生きていて色々と思うことありますよね?

「なんでわかってくれないの?」と。

そんな思いの丈をブログで吐き出しましょう。
文章が苦手な人は、とりあえずtwitterとかでもいいと思います。
ブログとかだるいわ。って人は日記でもOKです。
(これ実は、めっちゃ効果あります)

注意したいのが、愚痴ブログにならないために
誰かのために、という発想の元ブログ書いてみて欲しいです。

他人の痛みや苦しみがわかるあなただからこそ
他人の悩みに共感し、解決策を一緒に考える天才のはず。

それに文章書いてると、自分の思考も整理されます。
ブログの場合、うまくやれば収益に繋がります。
(HSPの最大の敵、対人関係から卒業できる可能性あり^^)

無料のアメブロとかで記事書く練習とかはありですが
僕のおすすめはWordPressというブログです。

理由を語り出すと、もはやHSPとか音楽とか関係ないレベルで
長くなっちゃうし、僕の姉妹サイトの方で
なんでWordPressってブログでブログを始めた方が良いか
については語ってます。

>>初心者さんへ

HSPの特徴を知って、今後の生き方について選択肢がひろがったあなたが
ブログという選択肢を手に入れて、人生がより豊かになってくれたら
僕は最高に嬉しいです^^

最後までありがとうございました^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました